職場や学校では、失敗が怖くて口説きに行けない。
かといって、ネットや合コン、パーティといったリアルの出会いでも、
頑張って、頑張って、やっと10人に1人。
お金の問題だってあります。

その、10人に1人の好みの女性と出会うまでに、いったい、いくら必要なのでしょうか?

1人と出会うのに5000円なら、10人に1人と会うためには5万円です!!

そうやって、やっとの思いで出会えた1人だからこそ、
必要以上に用心深くなり、結局は動けない、口説けない。




社会人が女性と出会う方法 女性と知り合うには

こういった現実ですから、
「美人もブスも、口説く過程は同じなんだから、まずはブスで練習しなさい」

などと言う、自称恋愛マスターが増えます。

女性の顔を選ばなければ、10人中10人口説けるのだから練習し放題です。

経験値もバンバン積めて、グングン上達するはずです。

僕は、この考え方が、完全に間違っているとは思わないのですが、しかし一方で、それはそれとしてですね、

限られている、自分の大切なお金と時間を使って、神経をすり減らし、エネルギーを吐き出して、

・興味の無い女を口説く、

という、この行為に、違和感も感じます。

「こいつ、つまんねー女だな…」

と思いながら口説くってどうなんだろう。

相手に失礼だし、「そもそも、何のバツゲームだ??」って気持ちすらします。

で、こういった種類の葛藤や悩みから完全に無関係でいられる人達、

・口説きたい女を、

・口説きたい時に、

・口説きたいだけ、口説く。

しかも失敗しても、自分の生活には何の影響も無いので、ガンガン行ける。
だから、恋愛経験も面白いように積める。

圧倒的なスピードと合理性でもって、成長できてしまう人種。

それが、
・ナンパ師です。

出会い=好みの女性との出会い

という前提で考えてみたときに、何もしないなら、出会いは無い。

たまたま職場に運よく表れても、失敗が怖くて、手が出せない。

出会いを作ろうと頑張ってみても、お金と時間とエネルギーを膨大に
費やして、やっとの思いで10人に1人。

だから結局、手が出せない。

こっちを、
・出会いが無い人生とします。

一方、
街ですれ違った、思わず振り向いて二度見してしまった、本当に気持がそそられる、可愛い女性は、すべて、あなたの出会いに発展させられる。

こっちが、
・出会いがある人生
あなたは、どちらを望みますか?